読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来圏内

日々のくだらないことや小説

封印

小説です。 封印 居酒屋の中はクーラーによって冷やされていた。それなりに混雑した店内は人口密度が高い上ほとんどが酔っぱらっているはずなのに全く暑さを感じさせない。今日の飲み相手は中学時代の同級生で長く会っていなかったが、明日は平日で互いに仕…